ContactForm7のデータをDBに保存して履歴を管理画面から確認するプラグイン

WordPressでお問い合わせフォームを作る場合ContactForm7というプラグインが一番有名だと思います。

しかし、このプラグインで作成したお問い合わせは入力内用をメールで送信してくれるだけなんですよね。

メールがいっぱい来ると紛れてしまってうっかりお問い合わせを見逃す可能性もあります。

 

そんなときお問い合わせ頂いた内用を保存して管理画面から確認できたら便利じゃないですか?

実はそんな便利なプラグインがあるんです!

ContactForm7のデータをDBに保存して履歴を管理するプラグイン3選

ContactForm7のデータを保管するプラグインは僕が知ってるのは3つあります。

「DBに保管」と書きましたがソースを見ているわけではないのでDBで無い可能性もあります。(たぶんDBですが)

 

知ってると言ってもDBに保存してほしいという案件が来たときに色々試した程度です。

ちなみにそのプラグインは以下の3つです。

  • Flamingo
  • Contact Form DB
  • Save Contact Form 7

どれもよかったんですが改めて比較してみると微妙な違いがあるもんですね。

 

今回の目的は「お問い合わせ内容を管理画面から確認する」です。

詳細は次に説明します。

Flamingo

「Flamingo」は多分 Contact Form 7 のデータを保存しようとした場合の定番です。

何故定番かと言うと製作者が Contact Form 7 の製作者と同じ人だからです。

同じ人なんで仕様もよく把握していると思いますし、保存する機能としては一番安心感があります。

インストール&初期設定

インストール&初期設定は簡単です。

サイドメニューより「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

右上の「キーワード検索」フォームに「Flamingo」と入力します。

あとはインストール→有効化です。

使い勝手

使い勝手はどうでしょう?

試しに送信してみます。

確認方法は、サイドメニューの「Flamingo」→「受信メッセージ」をクリック。

すると過去の受信メッセージが一覧表示されます。

 

件名をクリックするとお問い合わせの詳細も表示することが出来ます。

下の加増の赤枠で区切られた「項目」の部分は入力内容です。

その下のメタ情報は、送信日時やどのページから送信されたか、どのメールアドレスに送信したかなどが確認できます。

もやっとするポイント

全体的に非常に無難な感じでいいですね。

ぶっちゃけこのプラグインが答えでいいと思います。

複数のフォームを設置しているサイトの場合でも送信先のメールアドレスごとに一覧表示できたりします。

ただフォームが1つだけの場合は不要な機能ですが。

Contact Form DB

「Contact Form DB」は僕の中では一番しっくりきました。

ただお問い合わせの履歴を表示するだけのプラグインです。

あ、一応エクセルファイルへエクスポートも出来ます。

インストール&初期設定

このプラグインはプラグインの新規追加画面で検索しても出てきません。

だからと言って開発が止まっているわけでは無さそうです。

ちょっと面倒ですが、こちらのページでダウンロードが出来ます。

一番最新版の contact-form-7-to-database-extension.zip をダウンロードします。

 

ZIPファイルをダウンロードしたら、WP管理画面の「プラグイン」→「新規追加」画面を開き、画面上部の「プラグインのアップロード」ボタンを押します。

ファイル選択フォームが表示されますので、そこで上でダウンロードしたZIPファイルを選択しインストールします。

このプラグインもインストールして有効化すれば完了です。

あとはお問い合わせをされれば保存されます。

使い勝手

実にシンプルです。

サイドメニューから「Contact Form DB」を選択し、画面上部のフォーム選択(①)で対象のフォームを選択すると、そのフォームに対して行われたお問い合わせが一覧表示されます。

そして、一覧の送信日時のリンクをクリックすると下の画面のように詳細が開きます。

詳細と言っても入力内容と送信日時だけですが。

項目が少なければ一覧で全て確認できます。

もやっとするポイント

なんと言ってもWordPressのプラグイン追加から検索出来ないことですね。

手間がかかるというのもありますが、信頼性を疑ってしまいます。

使い勝手はいいんですが。

Save Contact Form 7

「Save Contact Form 7」もシンプルにお問い合わせの内容を保存して、エクセルやCSVで出力できるプラグインです。

このプラグインは見た目がいいですね。

インストール&初期設定

インストール&初期設定は簡単です。

サイドメニューより「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

右上の「キーワード検索」フォームに「Save Contact Form 7」と入力します。

検索結果の少し下のほうに出てきますが、見つからなかったら製作者の「Nimblechapps」で検索すると一発です。

 

あとはインストール→有効化です。

使い勝手

このプラグインも他のと同様でインストールし有効化するだけで Contact Form 7 で作成したフォームから送信された内容を保存してくれます。

そして確認画面がとてもきれいで気分がいいです(笑)

 

確認方法は管理画面のサイドメニューより「Save CF7」をクリック。

開いた画面で確認したい対象のフォームを選択すれば一覧表示されます。

画像では分かりませんが、上の画面が開くときにアニメーションがあります。

あるからなんだって話ですが。

もやっとするポイント

このプラグインは個別に詳細を表示する機能は無いようです。

無くても確認は出来るので問題は無さそうです。

 

もう一つ無いものがあり、こちらは結構残念な気がします。

それは過去のお問い合わせ履歴を削除する機能です。

削除出来ないんです!

なんか・・・非常に残念です。

削除機能さえあればこのシンプルさがよかったんですけど。

 

WordPressのプラグインを検索出来るページでこのプラグインを確認すると最近は更新がされていないようです。

誰かこのプラグインの更新を引き継いで削除機能つけてくれませんかね。

まとめ

ContactForm7のデータをDBに保存して履歴を管理するプラグインは、「Flamingo」「Contact Form DB」「Save Contact Form 7」などがあります。

他にも検索するとたくさんあります。

保存して過去のお問い合わせを履歴管理したいというなら上記のもので充分です。

 

僕はなんとなく「Contact Form DB」を採用しましたが、サポートが終了しています。

「Save Contact Form 7」もきれいですが、削除機能がありません。あと2年間更新されていません。

無難に Contact Form 7 の製作者と同じ人が作った「Flamingo」がよさげな感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA