コルカタからバラナシへ寝台列車に揺られて

体調がよくなりません。

咳と鼻水も出るけど、一番気になるのは下痢。

今からバラナシに向けて17時間の電車移動だからです。

もれないか心配です。

9/22(月) コルカタ(インド)→バラナシ(インド)

コルカタの駅に向かって出発

インドは大きいけど一つの時間で動いています。

東と西では1時間以上の時差がありそうだけど、それでも同じ時間ということは、東と西では太陽の出る時間が1時間以上違うということ。

東の街で仮に5時に日の出やとしたら、西の街では6時半くらいに日の出になったりするってこと。

今いるコルカタは東の外れにある街なので太陽が早く上ります。

 

下痢が心配なので朝食後にインドの腹痛の薬を飲みました。

強烈に効いてくれればいいけど。

僕は今日次の街に向かいます。

大学生に貰った薬や紐、ポカリ、ティッシュを詰め込んで昼過ぎに出発。

みんなありがとう!大切に使います!

 

宿を出てまずバス停に行きます。

どのバスに乗ればいいかさっぱり分かりません。

宿の人に一応聞いてきたので、それを言えば誰かが教えてくれます。

0922_ハオラまでの道のり 0922_コルカタの橋

バス停に着いて10分ほどでハウラ駅行きのバスに乗車しました。

1時間ほどで駅に到着しました。

荷物が大きくて大変やったけどお兄さんが持っててくれました!笑

0922_バッグ持ってくれる兄さん

無事コルカタの駅に到着!電車に乗り込みます

0922_コルカタのハオラ駅

インドはどこに行っても人がおおいけど、さすがに駅はめちゃくちゃ人が多いです。

たまに鞄の紐をひっぱられます。

荷物盗まれないように気をつけないと。

 

電車まであと30分です。

チケットは宿で予約して頂いていたのでそれを見せて簡単に電車を見つけることが出来ました。

 

今回僕が乗るのは寝台列車です。

17時間の旅になるのでよく寝ようと思います。

寝台列車にはベッドのランクがあるらしいです。

Aのなんとかとかやったかな?僕が乗ったのはSLクラスとか言うエアコン無しの3段ベッドの車両です。

旅感を満喫したかったのであえてエアコン無しにしました。

貧乏なインド人が乗るジェネラルって言うイスだけのシートもあるらしいです。

 

ベッド発見したけど・・・え?これ?笑

小さ!!!僕の荷物めっちゃでかいけどどこで寝ればいいのかな?

0922_寝台列車のベッド2

みんな床に鞄置いてるけどパクられるのが怖いから足元に置いて寝ることにします。

足が上がって意外と寝やすいです(笑)

電車に乗っている間は暇なのでiPhoneのメモ帳で日記を書いていようと思います。

0922_寝台列車のベッド

電車は落ちても怪我しないくらいゆっくり進みます。(それは嘘ですけど、ゆっくりです。)

とりあえずトイレの位置は確保しました。

トイレと言っても穴が空いてるだけで、出したものは全て線路の上にダイレクトに落ちていくシステムです。

 

お腹がすいたら駅に止まる度にくる弁当屋の弁当を買うことが出来るため空腹の問題もありません。

これは芋カレーかな?意外と美味しいです。

0922_寝台列車の中で晩御飯2

明日の朝にはバラナシか。

すれ違う電車の音が怖いけど、疲れたので寝て過ごします。

0922_寝台列車の景色

バラナシのムガルサライ駅に到着

朝7時過ぎ駅到着しました。

予定より早く着いていることに気づかず一つ前の駅かなと思ってたけど、乗客がみるみる降りてくので不安になり、

「ここはどこの駅ですか?」

と聞くとムガルサライだと言います。目的地やん!

慌てて荷物をまとめて下車しました。

 

え?駅になんか水道あるけど、ここから出る水飲めるのかな?

0923_ムガルサライ駅のきれいな水

まとめ

今回は初の電車移動になりました。

と言ってもチケットは宿の日本人オーナーに取ってもらい、駅までの行き方も全て教わりました。

人はなかなか一人では生きていけないものですね。

 

ここからはトゥクトゥクに乗りバラナシの町まで行きます。

値段は多少ぼられてもたかがしれています。

詳細は次の記事に記載します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA