エジプトのカイロ観光!有名なピラミッドのスフィンクスはどこを見ているのか

エジプトのカイロという町にきました。

ここはギザのピラミッドが有名です。

僕は旅に出るならば、ピラミッドだけは絶対に見たいと思っていました。

マヤとかインカ帝国とか古代文明は色々あるかもしれないけど、ピラミッドは何か他と違った神秘さを感じます。

10/21(火) カイロ(エジプト)

ギザのピラミッドとスフィンクスの目線の先

ニッシーとやじの三人でピラミッドを見に行ってきました。

宿最寄のアタバ駅から乗り換え無しでギザ駅まで行けます。1ポンド(15円くらい)。

ギザ駅からはバスでピラミッドまで行けます。

 

ギザ駅を降りたとこで親切なおじさんに声をかけられました。

「俺んちピラミッドの近くだから案内してあげるよ。それと俺が友達だって言えばエジプト人価格で入れるから紹介してあげるよ。」

え?まじ?ラッキー!!

バス乗り換えがさっぱり分からんくて困ってたんだよね。英語しゃべれんし。

近くまで行けるだけでもまじ嬉しいのにエジプト人価格だなんて!

1021_おじさん

満員のバスに乗り込みしばらくするとピラミッドに到着しました。

バスからピラミッド見えちゃった!泣

 

おじさん「こっちだぜ!」

よく分からん細道に案内され、たどり着いたのは小さな個室でした。

個室にいたおじいちゃんにチケットを頼んでくれるそうです。

 

んで外に出るとラクダと馬がいました。

え?これって乗せてから金払うまで降ろさないあの商法じゃない?

でもとりあえず乗ってみました。

おさじんFREEだって言うしニッシーが乗っちゃったし乗るしかないよね。

案の定200mほど進んだとこで金請求してきました。160ポンド(2400円)です。バカ高いやん。

 

とりあえず馬から飛び降りて交渉してみました。

お金払うまで降ろさないって聞いてたけど不通に降りれました。

交渉しようとするが、もはや聞く耳ももたないおじさん。

仕方ないので無視して去ったら意外にもおいかけてこなかったです。

ピラミッドも結局正規料金の80ポンドで入りました。

 

まじエジプト人は嫌いです。

 

チケット購入して中に入ると係員の人がチケットの半券を回収してきます。

ここでも注意が必要です。

ピラミッド内部まで入りたい人はこの半券が必要らしく、それを狙って回収したら金くれるまで返さないやつみたいです。

僕らはピラミッド内部に入る予定もなかったけど半券は一応持っていました。

 

さて、いろいろあったけど!!!!

いざピラミッド!!

ドォーーーーン!!!

1021_ピラミッドスフィンクス

あれ?なんかスフィンクスが思ってたより小さい(笑)

でもまあピラミッドは大きくてド迫力です。

 

写真とってると”人のよさそうな皮”を被ったお兄さんが声をかけてきました。

おにいさん「面白い写真とってやるからそこに立ちなー。」

俺「俺金ないよ?」

おにい「金なんかいらないよ。ピラミッドへようこそ!」

お言葉に甘えていっぱい写真とってもらった!

すげーいい写真やった!

1021_ピラミッドと岩 1021_ピラミッド

いい写真もとれたし移動しようとしたら出ました。想像はしてましたけどね。

お兄さん「ちょっとでいいからお金くれない?」

まあでもいい写真とれたし10ポンドくらいあげよかなと財布を広げた瞬間、僕の目の前にTシャツを持ってきて自慢してそのすきに金を抜き取られました。

手口がめっちゃなれてます。けど、ここまでの旅で見聞色の覇気を高めてきた僕は、スリ野郎の金を持った手を掴み、思い切り叩きました。

そしたら金が落ちてきたよ。このボケカスが!

元々財布には100ポンドくらいしか無く、残りは腹巻ベルトに入っていたのですられてもそれほど痛くはありませんでしたがムカつきます。

 

気を取り直してピラミッドによじ登って写真を撮ったり、3人でジャンプして浮いてる写真とったり楽しみました。

1021_ピラミッド登ってみた

ピラミッド自体はとても見ごたえがあり、

ちなみに、スフィンクスの目線の先はケンタッキーとピザハットの入っているビルでした。

ピラミッドも砂漠の真ん中にあるように見えますが、まわりは普通に建物がびっしり建っています。

岩を削った教会

宿のお姉さんが教会でボランティアをしているそうで、世界遺産に登録したいほどきれいな教会らしいので見学に行ってきます。

1021_ゴミ街入口 1021_ゴミ街入口2 1021_ゴミ街ひどい

相乗りタクシーを降りると、まずはゴミで溢れ返った街を歩きます。

教会を見に行くのが目的だったけど、このゴミ街には衝撃をうけました。

たぶんですが、カイロの町で出たゴミを分別する仕事があるんだと思います。それをこの小さな一角で貧しい人達がやってる感じです。

 

ゴミの山を抜けるとなんだか静かなとこに出ました。

岩壁を見ると十字架マークがところどころに刻まれています。

奥に進むと崖に彫られたイエス様が。

1021_教会? 1021_握手するおじさん達 1021_大聖堂

ぐっと奥に進むとどでかいスタジアムみたいなものが!

これが教会?

なんだかきれいな空間。岩に穴掘って作った場所っぽいから不思議な感じがします。

声がよく響く。

出来れば何か儀式とかしてるときに来たかったな。

カイロに来たら一度は食べたいコシャリ

コシャリめっちゃうめえええ!

しかもでかい!これで10ポンド(150円)。めっちゃ安い!

・・・でも、一度でいいかもしれません。最初の一口は美味しかったけど、最後は飽きちゃいました。

1020_コシャリ

カイロの日本人宿

有名なサファリ、ベニスの他にスルタンホテルというのもありますが、僕が行ったときはやっていませんでした。

上記3つの宿はすべて同じ建物内にあります。

サファリ(6F)

日本語ペラペラ日本大好きなオーナーが受付にいます。

値段はドミトリーで30ポンド(450円)です。

大学生が多く、夜中まで騒いでいるので寝れません。

宿には坊主の音楽家の人がいました。

この人はプロで、エジプトのオーケストラに所属していて、トランペットやったかな?それをひいてます。

ギターでもハーモニカでもなんでも出来る超人でした。

見た目はただの坊主のおっさんですが(笑)

ベニス細川(5F)

こちらは40ポンド(600円)と言われました。

こっちは日本人がオーナーらしいですが、受付はエジプト人でした。

お酒禁止、ベッドルームでの飲食禁止、騒ぐの禁止などルールが細かく、常識のある大人向けです。

僕もこっちにしようと思っていたのですが、ベッドが空いていなかったのでサファリにしました。

場所はサファリの下の階です。

まとめ

バングラデシュの地獄のような町並み

インドのガンジス川

パレスチナの落書き

カイロのピラミッド

ここまででも色々なものを見てきた。

落書きにも汚染された神聖な川にも。好きな音楽にも、仲のいい友達との会話の中にも気付きのポイントがある。

それは新たな発見ではない。それこそが本当の自分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA