PHPでDBに接続する方法をMySQLで解説

今回はPHP内でDBに接続する方法です。

DBに接続できればSQLを発行してデータを操作でき、より柔軟なWEBシステムを作ることが可能です。

データベースの作成についてはこちらの記事を参考にしてください。

データベースにテーブルを作成する方法はこちらの記事を参考にしてください。

PHPでDB接続するサンプルコード

データベースに接続するところまでのサンプルコードです。

ちゃんと接続できれば「DBに接続しました。」と表示されます。

サンプルコードの解説

1~4行目は接続情報です。

上からユーザーID、パスワード、データベース、ホストになります。

「データベース」とは何かが分からない方は「MySQLデータベースの構造」の記事を見てください。

「ホスト」は今回はXAMPP環境で接続したので localhost ですが、レンタルサーバーの場合は指定されたホストを書いてください。

XサーバーでしたらDBのホストについてはこちらの記事で解説しています。

 

6行目の「mysql:host={$host};dbname={$dbnm};cahrset=utf8」はどのDBにアクセスするかをリンクにしたものです。

 

9行目でPDOを使いサンプルコードのように接続します。

これでDB接続完了です。

ユーザーID、パスワード、データベース、ホストの4つの情報があればDBに接続して自由にデータを操作できるようになります。

 

(補足)

上のサンプルコードに try ~ catch () というのがあります。

これは、接続に失敗したりして予期せぬ問題が発生した場合に、その処理が try { ~ } の~部分に書いてれば catch の { } 内の処理を実行します。

「予期せぬ問題」のことをプログラムの世界では 例外 と言います。

そしてこの try catch は 例外処理 と呼ばれています。

まとめ

DB接続にはユーザーID、パスワード、データベース、ホストの4つの情報を使う。

データベース、ホストの2つの情報を使い接続先のDBのリンクを作成する。

PDOクラスを使い、DBのリンクとユーザーID、パスワードで接続する。

接続に失敗する可能性もあるので例外処理を行い失敗した場合は迅速に対応できるようにする。

後はSQLを実行しデータを取得したり更新したりします。

コロナの影響でみんな大変だから俺もなんかできること

僕は福井県に住んでいるのですが、戦時中に福井大空襲にあい、その直後に大震災にあってボロボロになった話をおばあちゃんに聞きました。

それでも復活することができ、不死鳥の町と言われるようになりました。

先人達には心から感謝し尊敬します。

リーマンショック、東日本大震災、コロナと数十年に一度と言われる被害が立て続けに起きていますが、僕たちは強いです。

今は苦しいかもしれませんがきっと復活できます。

僕は低学歴ですし小さな小さな粒でしかないですが、プログラミングに関しては必死に勉強し15年以上ごはんにありつけています。

プログラミングを勉強している人の役に立てるほどのスキルはあると思っています。

なので1人でもんもんと悩んでいる若手のエンジニア向けに質問を受け付けることにします。

自宅で待機されている間もパソコンとインターネットがあればプログラミングの勉強はできます。

  • PHP
  • SQL
  • HTML・CSS
  • jQuery

とは言ってもいきなり答えを聞いていたのではなかなか成長できないと思うのです。

なので質問の際には次のことをご連携ください。

  • 何をやりたいか
  • どんなことを調べたか、検索キーワードと参考にしたページのURL
  • 調べた結果どこが分からないか
  • できるなら試したコード

メッセージいはとりあえずTwitterにでもください。

質問はこちら

すぐに返事できないかもしれませんがご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA