XAMPPのデータベースにパスワードを設定・変更する方法

XAMPPは起動すると外部からもアクセス出来てしまい、セキュリティ的に不安があります。

そこでDBにはパスワードを設定し外部から除けないようにしようと思います。

phpMyAdminを起動しパスワードを変更する

まずphpMyAdminを開き、ヘッダーメニューの「User accounts」をクリックします。

次に、ユーザー名が「root」で Host name が「localhost」の「Edit privileges」をクリックします。

画面上部の「パスワードを変更する」をクリックする

新しいパスワードを入力し「実行」ボタンを押す。

これで画面で行う作業は完了ですが、このまま別のページを開こうとすると以下のような画面になります。

設定ファイルの修正しないといけないので次で説明します。

phpMyAdminの設定ファイルを修正する

まず、「C:\xampps\phpMyAdmin」のフォルダを開き、「config.inc.php」というファイルをテキストエディタで開きます。

開くと以下のような部分があるので、赤字のところに先ほど設定したパスワードを入力します。

/* Authentication type and info */
$cfg[‘Servers’][$i][‘auth_type’] = ‘config’;
$cfg[‘Servers’][$i][‘user’] = ‘root’;
$cfg[‘Servers’][$i][‘password’] = ‘ここに設定したパスワードを書く‘;
$cfg[‘Servers’][$i][‘extension’] = ‘mysqli’;
$cfg[‘Servers’][$i][‘AllowNoPassword’] = true;
$cfg[‘Lang’] = ”;

修正したら保存して phpMyAdmin の画面を更新してみてください。

これで開くはずです。

まとめ

パスワードは設定出来るものはしておいたほうが何かと安全です。

出来るものはやっておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA