PHPで画像に塗りつぶした四角、楕円を描画する方法

PHPで画像に塗りつぶした四角、楕円を描画する方法です。

以前線の引き方を紹介しました。

≫ PHPで画像に直線や四角、楕円の線を引く方法

このやり方とよく似てるんですが、描画する関数がちょっと違うだけです。

PHPで画像に四角い線を引く方法

サンプルコード

コードの解説

blue.jpg はベース画像で、描画後は blue_square.jpg に出力します。

imagecreatefromjpeg()でblue.jpgを読み込みます。

 

imagecolorallocate()で色を指定します。

255, 255, 255 部分はRGBで指定し、今回は白になります。

0~255まで10進数で指定できます。

 

imagefilledrectangle()で塗りつぶした四角を描画します。

線を引くときはimagerectangle()でした。

左上角の x 座標と y 座標で四角の左上の角の位置を定義し、右下角の x 座標と y 座標で四角の右下の角の位置を定義します。

上記の2点を元に四角を描画します。

x座標はベース画像の左端からの距離で、y座標はベース画像の上端からの距離になります。

単位はピクセルになります。

 

imagejpeg() で描画後の画像をファイル名を指定し、jpeg画像で出力します。

PHPで画像に楕円の線を引く方法

サンプルコード

コードの解説

blue.jpg はベース画像で、描画後は blue_circle.jpg に出力します。

imagecreatefromjpeg()でblue.jpgを読み込みます。

 

imagecolorallocate()で色を指定します。

255, 255, 255 部分はRGBで指定し、今回は白になります。

0~255まで10進数で指定できます。

 

imagefilledellipse()で塗りつぶした楕円を描画します。

楕円の線を引くのはimageellipse()を使いました。

円の中心の x 座標と y 座標で円の中心のポイントを定義し、円の横幅の長さと円の縦幅の長さで円の大きさを定義します。

x座標はベース画像の左端からの距離で、y座標はベース画像の上端からの距離になります。

単位はピクセルになります。

 

imagejpeg() で描画後の画像をファイル名を指定し、jpeg画像で出力します。

まとめ

四角い線を引くのはimagerectangle() を使いましたが、塗りつぶしの場合はimagefilledrectangle() を使います。

円の線を引くのはimageellipse()を使いましたが、塗りつぶしの場合はimagefilledellipse()を使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA