インドにアライバルビザで入国する方法

昨日バングラデシュのダッカからインドのコルカタへ飛行機で移動しました。

通常は1週間くらいかけてビザを取得するようですが、僕は今回アライバルビザで入国することにしました。

1週間もダッカで足止めされているのが嫌だったからです。

そのアライバルビザの取得方法について簡単にメモを残しておこうと思います。

9/18(木) コルカタ(インド)

アライバルビザとは

旅慣れしている人ならば分かることかもしれませんが、僕はインド入国を決めてから初めて知りました。

 

ビザには色々種類があります。観光ビザ、ビジネスビザ、ワーホリビザなど。

僕らは通常仕事しないので観光ビザを取得するのですが、これにはシングルとダブル、アライバルがあります。

シングルとダブルは入国前に入国予定の国の大使館に申請が必要で取得に10日間ほどかかります。

それに対しアライバルビザは、入国時に空港のイミグレーションで行います。

アライバルビザのメリットはほとんどありませんが、僕のように無知でインド直前になって焦る人にはちょうどいいかもしれません。

一番いいのはインドのビザを日本にいるうちに取得してしまうことです。

 

今年の11月からインドのアライバルビザは取得出来なくなるようです。

アライバルビザのメリット

インドのようにビザが必要な国に行く場合は、ビザ取得に10日ほどかかります。

アライバルビザはその場で取れるので早いというメリットがあります。

というかそれしかメリットがありません。

アライバルビザのデメリット

インドの場合ですが、アライバルビザは滞在が最大で1か月までとなります。

しかも、宿泊予定の宿と、出国用のチケットも取得しておく必要があります。

ビザ取得にかかる費用も通常のビザより少し高いです。

それとアライバルビザが取れなかったら追い返されるちょっとしたリスクがあります。

インドのアライバルビザを取得するための準備

・パスポート(残り6ヶ月以上)
・入国航空券
・出国航空券
・宿泊施設の予約
・顔写真
・お金(60ドル+チップ3ドル)

まず証明写真とパスポートのコピーを取得するため写真屋にでかけました。

タイでコピーとりましたが、全部無くしました。

バングラデシュでまともな写真が撮れるのか不安です。

 

人の多いとこまで行き写真屋を探すと、富士フィルムの看板を見つけました。

入ったら2秒で写真ゲット!150タカ。200円くらい。

意外と機材とかしっかりしてました。

隣にはコピー屋があり、5枚コピーしてもらいました。10タカ。15円。

 

次に宿に戻りエアインディアの航空券取得。コルカタまで85ドル。安い!

けど、エアインディアの会員登録がめちゃくちゃ大変でした。

入力項目が異常に多いんです。

国は? →日本。
生まれた国は? →日本。
仕事してる国は? →日本。
親の国は? →日本。

1個目の質問でよくないですか?笑

バングラデシュはインターネットもめちゃくちゃ遅くて、無数にある項目を入力しているうちにセッションタイムアウトになり一人しかいない宿で発狂しました。

 

そして、次にフライドバイのニューデリーからヨルダンへ抜けるチケット取得。

僕は英語が分からないので苦戦しつつなんとか取得しました。

 

宿泊施設はコルカタの日本人宿で日本語のメールで取得出来たので楽ちんでした。

 

お金はある。後は行くだけ!緊張します!

とりあえず頑張ったご褒美に美味しいもん食べてきます。

0916_晩飯にチキン

アライバルビザで実際に入国してみた

バングラデシュ出国日の朝、一人で朝ごはんを食べてると宿のオーナーの田中さんがきた。

手にはバングラデシュのパンとマンゴージャム。

もう腹いっぱいやったけど一口だけ頂いた。

めちゃくちゃうめー!!バングラデシュのマンゴーまじうめー!!パンはまずいけど!笑

 

田中さんはオランダにも住んでたことがあるらしく、他にも世界各地の話を聞かせてもらった。

ヨーロッパも全然想像出来ないけど行ってみたいな。

 

ブログを更新したり荷物をまとめたりしていると宿のアルバイトの大学生がきた。

バングラデシュは強盗が多く怖いところだと思っていたけど、それは一部の人であって基本的にはみんな優しくて、外国人に興味津津なとこがおもしろい。

0917_宿のアルバイトさん0917_宿のスタッフ

18時に田中さんとレストランで待ち合わせ。

注文したナンはガーリックナン?

めっちゃうめー!!うまいけど注文し過ぎ!食えん!

チキンカレーもある!食えん!でもうめー!!

カレー食ってるときにあれやけど、バングラデシュはずっとうんこシャバシャバでした!笑

0917_田中さんと0917_バングラ最後のご飯

お会計全部田中さんが払ってくれた。

なんて言い人なんや!

バングラデシュの日本人宿ならあじさいがいいですよ。

値段は少し高いけど、きれいだし警備員もついてるから泥棒の心配もありません。

 

食事を終え、荷物を持って空港へ向かいました。CNGで100タカ。

空港は小さく、チェックインのカウンターはすぐに見つかりました。

 

カウンターでパスポートと予約表を提示するとさっそく言われた。

「インドビザ無いの?」

英語分からんけど多分そう言ってます。

アライバルビザを取得しますと伝えるがそんなもんあったっけ?みたいな反応をする。

他のスタッフに電話してエリートっぽい人が来て確認してくれた。チェックインOK!

 

税関でまた同じことを聞かれました。

税関の人もアライバルビザのこと知らないっぽい。同様に確認してくれて通過!よし!

 

飛行機はたった45分で到着。出発は2時間ほど遅れましたけど(笑)

0917_エアインディアの機内食

空港に着きみんなすいすい入国していく横でアライバルビザの窓口へ。

普段はあまり人いないって聞いてたけど運悪く韓国人が10人ほどいる。

俺の番になり申請書を提出。優しいおじさんにチェックしてもらいながら分からない箇所を入力しました。

結構親切に教えてくれます。一人厳しいおじさんいたけど、その人は多分いっきに10人以上も来たでイライラしてるだけやと思います。

怒られながらもなんとかお金払ってビザゲット!入国に成功しました!

ビザ代はドルかルピーじゃないとダメみたいです。事前に調べていたのでバングラデシュの宿で換金してもらっておきました。

ようやく入国。俺のバックパック一人ぼっちでパクられずに待っててくれました。

0917_取り残された俺のかばん

空港の中はめっちゃきれいです。バングラデシュとか比較になりません。エアコンも効いてて涼しい。

出口で荷物チェックするけど、ここでもカード書かされます。めんどくさいけど多少厳しいほうが安心できます。

 

空港の外に出るとむわっと広がる蒸し暑い空気。

バングラデシュから飛行機で1時間弱ですから同じですね。

空港から出たときには1時まわってました。

早く寝たいけど怖いから朝まで空港にいようかと戻ろうとしたら一度空港から出るともう入れないみたいです。

0917_インドの空港

タクシーが声かけてきて飛び乗った。値段を聞くと790ルピー。相場は300ルピーって事前に調べてあったのに。

きっと深夜料金だと思います。なんとか500ルピーまで値下げしてもらいました。

たぶんぼられていますけど、他のタクシーもみんなグルでこれ以上の交渉は不可能です。

 

住所見せたら知ってるって言ってたのに迷子になってやがる。深夜なので道を聞く相手もいない。

それでもちゃんと最後まで送ってくれた。そこはしっかりしてくれててよかった!

 

到着は3時。

風呂も入らずぶっ倒れるように寝ました。もうほんとに疲れました。

この宿のドミトリーエアコンついてる!

天国やなー。あれ?間違って天じく来ちゃったかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA