ヨーロッパ最貧国と言われるアルバニアよりコソボのほうがヤバイ!

東ヨーロッパは昔から戦場になることが多かったそうです。

ヨーロッパのキリスト教 VS トルコのイスラム教な感じです。

その影響で混血が多く、そして混血には美人が多いそうです。

 

アルバニアはその東ヨーロッパにあり、ヨーロッパの中でも最貧国だと言われています。

なんでも最貧国になったのは戦争のせいではなく、国民のねずみ講が流行し国民の1/3が破綻したそうです。

ただの噂ですけど。

実際はどんなところなのか見に行ってみようと思います。

ティラナは最貧国を感じさせないほどきれい

だけどティラナ以外の街は寂れていて、ティラナまで出稼ぎに来る人も多いようです。

もっと頭のいい人たちはみな国外に行ってしまうとか。

 

オフリドからのバスは15時過ぎにティラナに到着しました。

国境なんてあって無いようなくらいスルーでした。

何度も言うけど、トルコとブルガリア間は何故あんなに時間がかかったのだろう。

バスが到着したのはティラナの町の中心にある広場の脇でした。

道が広すぎて人がいないように見えますが、1本わき道に入るとすごく賑わっています。

 

ここは本当にヨーロッパ最貧国なのか?

汚くて治安悪いって聞いていたのでバングラデシュみたいな国を想像してたけどめっちゃきれいです。

どこ見てもオシャレなお姉さんばっかりで貧乏旅行者のほうが恥ずかしくなる。

街のいたるとこにセンスのいいレストランがあります。

あとで行ってみよう。

 

時計塔。

昼の時計等。

ピラミッド。

料理はマケドニアよりも安くて美味しい

アルバニアは地中海に面しており、地中海の先にはイタリアがあります。

イタリアが近いせいか、イタリア料理が楽しめるそうです。

でもイタリア料理ってどんなんやっけ?

赤いトマトベースのパスタなイメージです。

 

街を散歩しているとアルバニア人に話しかけられました。

ヤンキーチックでちょっと怖かったけど一緒に写真撮りたかっただけらしい。

ついでに良いレストランを教えてもらうと店の前まで案内してくれました。

ヤンキー「ここの飯まじ最高だぜ!アルバニアを楽しんで!」

店は中心部から少し離れたため全然お客さんが入っていませんでした。

パスタとビールを注文して500円くらいでした。

パスタも美味しかったけど、ビールのレベルが急に上がってきたように思います。

ドイツとかベルギーとか行くとどんな美味しいビールが飲めるんだろう。

ディナーにまたパスタ食べに行きました。

パスタとワインを頼んで、たしか3.5ユーロ(約500円)でした。

マケドニアもそうだったけどワインがちょっと高いです。

それでも500円程度ならめちゃくちゃ安いし、味は普通に美味しいです。

東ヨーロッパは食を楽しむのが一番だと思います。

宿はちょっと高い

宿の名前と場所はちゃんと記録出来ていなくて忘れてしまいました。

値段はドミトリーで9ユーロ(1,350円)でした。

バックパッカーが泊まるようなホステルはあまり無く、旅人にはちょっと不向きかもしれません。

僕の調べ方があまかっただけかもしれませんが。

とにかく美女が多い

街を歩くと美男美女ばかりいます。

混血で美人が多いという噂は本当でした。

メンズもこの通りです。

特に一番右のやつなんてたまらんでしょ?笑

ティラナからコソボのプリズレンへバス移動

アジア人が珍しいのかちょいちょい見てきます。

かわいい女の子やとテンションあがります。

 

バスまでまだ時間があったため時間を潰してたらおじさんが話しかけてきました。

「ティラナはいいとこだよな」

ずいぶん唐突です!笑

 

おじさんの聞き取りにくい英語をがんばって聞いているとレストランに行こうと行ってきた。

「コーヒーでも飲もうぜ。安いとこ知ってるから金は頼む」

金は俺かい!でも飯食ったばかりだしバスの時間があるから普通に断りました。

「だったら俺の分だけでもお金ちょうだい。1ユーロでいいからさ」

くそ野郎やな。おもしろいけど(笑)

 

14時半ごろバスに乗り込みました。

コソボには19時には着くらしいです。

バス会社はこれです。

コソボ行きのバスを探すのは大変でした。

バスは予定通り19時にプリズレンに着きました。

コソボのほうが戦後の日本みたいでヤバイ

日はすっかり落ちていたが急いで宿に向かいます。

スコピエで別れたゆうちゃんと待ち合わせしています。

 

レストランが立ち並ぶが半分は閉まっています。

というか潰れてる?道も舗装されてデコボコ。まだ砂利道のとこもある。

なんだここは。

アルバニアよりよっぽど貧しそうな国です。

瓦の屋根があったり、舗装されていない道があったり、僕が子供の頃の実家を思い出します。

 

宿に到着するとおじさんがニコニコ出迎えてくれました。

ウェルカムドリンクをくれるらしいです。

おじさん「コーヒー?ティー?ビール?」

え?ビール?ビールください!笑

チェックインを済ませ、ゆうちゃんと一緒にレストランにいきました。

安くてうまい飯が目の前にあったら欲しくなってしまいます。

本格イタリアンがイタリアで食うより安いからな。半額以下やと思う。

 

出てきた料理は飾りつけが思いの他質素な感じがしましたが、味は普通に美味しかったです。

パスタとビールで500円くらいだったと思います。

コソボからモンテネグロへバス移動

コソボは明るいとき見るとなおさらぼろいです。

でもどこか日本と似ている気がするのは僕だけでしょうか。

朝8時にモンテネグロのポドゴリツァ行きのバスに乗りました。

ポドゴリツァを経由してコトルに向かいます。

 

山の上は標高が高いのか雪が積もっています。

この極寒の山頂に国境はありました。

こんなとこで働きたくないな。本当にご苦労様です。

荷物検査もろくになくほぼスルーでモンテネグロ入り。

山道やし道デコボコやし運転荒いしゲロはきそうなくらいしんどいです。

 

16時ごろポドゴリツァに到着。

すぐにコトル行きのバスに乗り込んだ。7.5ユーロ。

ポドゴリツァからコトル行きは20分に1本くらい出るみたいで簡単に乗れます。

 

18時半ごろコトルに到着しました!

途中の山道で夜景が見えた。コトルめっちゃきれい!

コトル観光が楽しみです!

まとめ

東ヨーロッパは物価が安いけど料理はめちゃくちゃ美味しいです。

ヨーロッパの町並みも楽しめて旅人としては居心地いいです。

wi-fiもサクサクですし。

ただ、宿がちょっとだけ高いです。

 

あと美人が多いです。

今回の旅では行かないけど、ウクライナは世界一美女が多い国と言われているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA