PHPのerror_log関数を使ってログを出力する方法

プログラミングを行っているとログを出力し正常に動作しているか、どんなエラーが出ているかを検証する作業が出てきます。

このときログを出力すると簡単に検証できます。

そのログ出力には error_log() という関数でできます。

今回はその方法について説明します。

PHPのerror_log関数を使ってログを出力する方法

PHPでログを出力する場合は error_log() という関数を用います。

第一引数には、ログに出力する情報を文字列で指定します。

第二引数は、3 をセットします。3は任意のファイルに出力するという意味です。

第三引数は、出力するログファイルのパスを指定します。

error_log(出力する文字列, 3, 出力先ファイル名);

 

実際には時間も出力したほうがいつのログかすぐ分かります。

以下のような関数を定義すれば便利です。

ファイル名は mylog.php とでもしておきましょう。

第一引数の \r\n は改行です。

第三引数の出力先ファイル名に {$date} と入れることで、ログファイル名に日付を入れることが出来ます。

 

出力先のファイルは事前に作っておく必要はありません。

無ければ自動的に指定したファイル名でファイルを作成しログの出力を行います。

ログ出力を埋め込む

上で作成した mylog.php を使ってログを出力する方法です。

まず、mylog.php を読み込む必要があります。

パスの部分はお使いの環境に合わせて直してください。

 

あとは、関数を呼び出して実行するだけです。

これで実行すれば以下のようなログが出力されます。

 

出力内容を、

のように出力時にPHPファイル名や関数名を入れておくと「どこ」を通ったかが分かりやすくなります。

 

他にも配列($ary)を出力したい場合は以下のように print_r を使うと便利です。

 

たくさんログを出力してスムーズに開発を行いましょう。

まとめ

PHPのログ出力には error_log() を使うと便利。

ログの出力内容には「時間」「PHPファイル名」「関数名」などを出力するとログを確認したときに見やすくなります。

配列の出力には print_r($ary, true) を使うと配列の内容が全てログに出力できます。

コロナの影響でみんな大変だから俺もなんかできること

僕は福井県に住んでいるのですが、戦時中に福井大空襲にあい、その直後に大震災にあってボロボロになった話をおばあちゃんに聞きました。

それでも復活することができ、不死鳥の町と言われるようになりました。

先人達には心から感謝し尊敬します。

リーマンショック、東日本大震災、コロナと数十年に一度と言われる被害が立て続けに起きていますが、僕たちは強いです。

今は苦しいかもしれませんがきっと復活できます。

僕は低学歴ですし小さな小さな粒でしかないですが、プログラミングに関しては必死に勉強し15年以上ごはんにありつけています。

プログラミングを勉強している人の役に立てるほどのスキルはあると思っています。

なので1人でもんもんと悩んでいる若手のエンジニア向けに質問を受け付けることにします。

自宅で待機されている間もパソコンとインターネットがあればプログラミングの勉強はできます。

  • PHP
  • SQL
  • HTML・CSS
  • jQuery

とは言ってもいきなり答えを聞いていたのではなかなか成長できないと思うのです。

なので質問の際には次のことをご連携ください。

  • 何をやりたいか
  • どんなことを調べたか、検索キーワードと参考にしたページのURL
  • 調べた結果どこが分からないか
  • できるなら試したコード

メッセージいはとりあえずTwitterにでもください。

質問はこちら

すぐに返事できないかもしれませんがご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA