エックスサーバーにTeraTermでSSH接続する方法メモ

エックスサーバーにTeraTermでSSH接続する方法についてです。

エックスサーバーはLinuxというOSで動いています。

LinuxはWindowsやマックと違い文字だけで操作するCUIのOSになります。(WindowsやマックはGUI)

CUIはコマンドで操作する出来るプログラマーっぽくてかっこいいやつです。

そのコマンド操作ではちょっとしたPHPやシェルスクリプトの実行テストが出来たり、ログをリアルタイムで監視するなどのことが出来ます。

コマンドでかちゃかちゃやるためには色々ツールがありますが、今回はTeraTermを使った方法を説明します。

Xサーバーで鍵の取得

まずXサーバーにログインしてSSH接続をするための鍵を設定します。

鍵が無い家とか泥棒入り放題ですよね?

サーバーもセキュリティ上重要な情報がたくさんあるのでユーザーIDとパスワード以外に鍵の設定が必要です。

 

既に作成している場合はそれを使ってください。

再度鍵を再作成すると以前のものに上書きされて、以前作成した鍵が使えなくなります。

 

まずXサーバーのコントロールパネルにログインし、「SSH設定」をクリックします。

次に、状態を確認します。

状態が「ON」になるようにしてください。

「OFF」になっている場合は「変更」のところにあるボタンでONにします。

次に「公開鍵認証用鍵ペアの生成」ページを開きます。

なんだか漢字が多くて難しいですね。

用はサーバーに用意された鍵とペアになる鍵を生成するということです。

 

「パスフレーズ」にSSH接続をするときに使う任意のパスワードを入力し、右下のボタンで鍵を作成します。

確認→確定→ダウンロードの手順になります。

ペアの鍵をダウンロードしたらしっかり無くさないように保管しておいてください。

これで鍵作成の手順は終了です。

TeraTermで接続設定

TeraTermのインストールは完了しているものとします。

 

まずTeraTermを立ち上げると以下のような画面になります。

この画面はどこのサーバーにどのように接続するかを指定する画面です。

ホストの部分に「serverid.xsrv.jp」とあります。

Xサーバーなら「.xsrv.jp」は共通で、「serverid」は契約時のサーバーIDを入力してください。

サーバーIDは、Xサーバーのコントロールパネルにログインするときに入力するIDのことです。

それと、Xサーバーは接続するポートが10022になります。

次にログイン情報の入力になります。

ユーザー名は上でも指定したサーバーIDになります。

パスワードは、鍵を作成したときに設定したパスワードになります。

そして、「秘密鍵」に上で作成した鍵を設定します。

接続が完了すると以下のような画面になります。

これでかっこよくコマンドを実行したりして、これ見よがしに仕事してますアピールをしてください。

まとめ

XサーバーにSSH接続しコンソールで操作するにはTeraTermなどのツールを使う。

接続にはまずXサーバーのコントロールパネルに接続し鍵を作成する。

鍵を作成したらその接続情報を使いTeraTermで接続する。

以降の操作はLinuxのコマンドになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA