エックスサーバーにTeraTermでSSH接続する方法メモ

エックスサーバーにTeraTermでSSH接続する方法についてです。

エックスサーバーはLinuxというOSで動いています。

LinuxはWindowsやマックと違い文字だけで操作するCUIのOSになります。(WindowsやマックはGUI)

CUIはコマンドで操作する出来るプログラマーっぽくてかっこいいやつです。

そのコマンド操作ではちょっとしたPHPやシェルスクリプトの実行テストが出来たり、ログをリアルタイムで監視するなどのことが出来ます。

コマンドでかちゃかちゃやるためには色々ツールがありますが、今回はTeraTermを使った方法を説明します。

Xサーバーで鍵の取得

まずXサーバーにログインしてSSH接続をするための鍵を設定します。

鍵が無い家とか泥棒入り放題ですよね?

サーバーもセキュリティ上重要な情報がたくさんあるのでユーザーIDとパスワード以外に鍵の設定が必要です。

 

既に作成している場合はそれを使ってください。

再度鍵を再作成すると以前のものに上書きされて、以前作成した鍵が使えなくなります。

 

まずXサーバーのコントロールパネルにログインし、「SSH設定」をクリックします。

次に、状態を確認します。

状態が「ON」になるようにしてください。

「OFF」になっている場合は「変更」のところにあるボタンでONにします。

次に「公開鍵認証用鍵ペアの生成」ページを開きます。

なんだか漢字が多くて難しいですね。

用はサーバーに用意された鍵とペアになる鍵を生成するということです。

 

「パスフレーズ」にSSH接続をするときに使う任意のパスワードを入力し、右下のボタンで鍵を作成します。

確認→確定→ダウンロードの手順になります。

ペアの鍵をダウンロードしたらしっかり無くさないように保管しておいてください。

これで鍵作成の手順は終了です。

TeraTermで接続設定

TeraTermのインストールは完了しているものとします。

 

まずTeraTermを立ち上げると以下のような画面になります。

この画面はどこのサーバーにどのように接続するかを指定する画面です。

ホストの部分に「serverid.xsrv.jp」とあります。

Xサーバーなら「.xsrv.jp」は共通で、「serverid」は契約時のサーバーIDを入力してください。

サーバーIDは、Xサーバーのコントロールパネルにログインするときに入力するIDのことです。

それと、Xサーバーは接続するポートが10022になります。

次にログイン情報の入力になります。

ユーザー名は上でも指定したサーバーIDになります。

パスワードは、鍵を作成したときに設定したパスワードになります。

そして、「秘密鍵」に上で作成した鍵を設定します。

接続が完了すると以下のような画面になります。

これでかっこよくコマンドを実行したりして、これ見よがしに仕事してますアピールをしてください。

まとめ

XサーバーにSSH接続しコンソールで操作するにはTeraTermなどのツールを使う。

接続にはまずXサーバーのコントロールパネルに接続し鍵を作成する。

鍵を作成したらその接続情報を使いTeraTermで接続する。

以降の操作はLinuxのコマンドになります。

コロナの影響でみんな大変だから俺もなんかできること

僕は福井県に住んでいるのですが、戦時中に福井大空襲にあい、その直後に大震災にあってボロボロになった話をおばあちゃんに聞きました。

それでも復活することができ、不死鳥の町と言われるようになりました。

先人達には心から感謝し尊敬します。

リーマンショック、東日本大震災、コロナと数十年に一度と言われる被害が立て続けに起きていますが、僕たちは強いです。

今は苦しいかもしれませんがきっと復活できます。

僕は低学歴ですし小さな小さな粒でしかないですが、プログラミングに関しては必死に勉強し15年以上ごはんにありつけています。

プログラミングを勉強している人の役に立てるほどのスキルはあると思っています。

なので1人でもんもんと悩んでいる若手のエンジニア向けに質問を受け付けることにします。

自宅で待機されている間もパソコンとインターネットがあればプログラミングの勉強はできます。

  • PHP
  • SQL
  • HTML・CSS
  • jQuery

とは言ってもいきなり答えを聞いていたのではなかなか成長できないと思うのです。

なので質問の際には次のことをご連携ください。

  • 何をやりたいか
  • どんなことを調べたか、検索キーワードと参考にしたページのURL
  • 調べた結果どこが分からないか
  • できるなら試したコード

メッセージいはとりあえずTwitterにでもください。

質問はこちら

すぐに返事できないかもしれませんがご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA