クッキーも履歴も残さないGoogle Chrome のシークレットモード

プログラムのテストをしているときに、ログインしている場合としていない場合のテストを実施するときシークレットモードを使うとわざわざログアウトしなくてよくて便利です。

ちょっと出先でパソコン借りてシステムにシステムにログインする場合なんかも履歴もクッキーも残らないのでセキュリティ的にも安心です。

嫁に内緒で探偵事務所を調べるのも履歴残らなくていいかもしれませんね(笑)

 

そんなシークレットモードの使い方を簡単に説明します。

シークレットモードとは

Google chrome にはシークレットモードという機能があります。

通常はWEBブラウザを使ってWEBサイトにアクセスすると、履歴やクッキーが残ります。

しかし、場合によっては履歴や、なんならインターネットを利用した痕跡すら残したくないときがあると思います。

そういう場合にシークレットモードを使うと何も残さず、例えばGoogleにログインしてもログイン痕跡を一切残すことはありません。

 

ちなみに、既存のクッキーは参照できるようです。

既にGoogleにログインしているユーザーがいても、シークレットモードで開けばログインしていない状態から使えます。

ただ、記憶されてるパスワードは参照出来てしまいます。

悪用することはやめてくださいね。

シークレットモードの使い方

「使い方!」というほど大げさなもんではありませんが、立ち上げ方を紹介しようと思います。

ショートカットで起動

Windows、Linux、Chrome OS の場合: Ctrl+Shift+n キーを押します。

Mac の場合: ⌘+shift+n キーを押します。

引用:Google

このようにショートカットで簡単に起動出来ます。

ショートカットで簡単ですが、ブラウザを起動中にしか使えないショートカットです。

最初chromeを立ち上げたときに一度何かのページを開くのでその痕跡は残ってしまいます。

リンクから直接起動

開きたいページのリンクを右クリックで、「シークレットウィンドウで開く」をクリックすることで起動できます。

簡単ですが、こちらも一度何かのページを開くのでその痕跡は残ってしまいます。

ブラウザが開いていないとき

すみません。恥ずかしいからモザイク多いです(笑)

Windowsでタスクバーにショートカットがある場合ですが、アイコンを右クリックし、メニューから「シークレットウィンドウを開く」をクリックすると開けます。

シークレットモードの使い道

  • 家族でシェアしてるパソコンを利用する場合
  • 出先でちょっとGoogleなどにログインしてメールをチェックする場合
  • プログラムのテストでログインしていない状態や、クッキーに残されていない状態を実施する場合

僕はプログラマーなので、システム開発をしているときにはかなり便利です。

まとめ

クッキーも履歴など痕跡を残せずWEBブラウジングが出来るchromeのシークレットモード。

知っていればかなり便利に使えます。

コロナの影響でみんな大変だから俺もなんかできること

僕は福井県に住んでいるのですが、戦時中に福井大空襲にあい、その直後に大震災にあってボロボロになった話をおばあちゃんに聞きました。

それでも復活することができ、不死鳥の町と言われるようになりました。

先人達には心から感謝し尊敬します。

リーマンショック、東日本大震災、コロナと数十年に一度と言われる被害が立て続けに起きていますが、僕たちは強いです。

今は苦しいかもしれませんがきっと復活できます。

僕は低学歴ですし小さな小さな粒でしかないですが、プログラミングに関しては必死に勉強し15年以上ごはんにありつけています。

プログラミングを勉強している人の役に立てるほどのスキルはあると思っています。

なので1人でもんもんと悩んでいる若手のエンジニア向けに質問を受け付けることにします。

自宅で待機されている間もパソコンとインターネットがあればプログラミングの勉強はできます。

  • PHP
  • SQL
  • HTML・CSS
  • jQuery

とは言ってもいきなり答えを聞いていたのではなかなか成長できないと思うのです。

なので質問の際には次のことをご連携ください。

  • 何をやりたいか
  • どんなことを調べたか、検索キーワードと参考にしたページのURL
  • 調べた結果どこが分からないか
  • できるなら試したコード

メッセージいはとりあえずTwitterにでもください。

質問はこちら

すぐに返事できないかもしれませんがご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA