ノートかデスクトップか?ITエンジニアならどっちがおすすめ

パソコンを買うとき、ノートかデスクトップかどっちがいいか悩みますよね?

一言にパソコンと言っても使い道は人それぞれで、用途によりどちらが良いか分かれてきます。

 

プログラマーを目指すならばどちらがいいか。

僕は、オフィスで作業するときはデスクトップを使い、客先にはノートを持っていくようにしています。

でも2台もパソコンを用意するのはそこそこお金もかかります。

僕が最初にノートパソコンを買った理由

僕は最初にノートパソコンを買いました。

何故かと言うと、パソコンのスペックやモニターサイズはデスクトップの方が有利だけど、ノートでも充分だったからです。

そしてモニターは少し不満があったので別で購入し、家で作業するときはノートに大型のモニターを接続してデュアルで使い、客先に行くときにはモニターを外して出かけました。

1台なのでデータの同期なども不要で楽です。

 

じゃなんで今はデスクトップも使ってるの?と言われれば、デスクトップのほうはお客様から不要になったものを頂いただけです。

頂いた後にHDDやメモリを増設して使っています。

 

両方使っていて、デスクトップにもノートにもそれぞれメリットがあるなと感じました。

作業をする上では圧倒的にデスクトップパソコン

プログラミングの作業をするだけで考えるならば、デスクトップが良いです。

詳細は分かりませんが、同じスペックならば圧倒的にデスクトップのほうが軽く感じます。

 

そして、パソコン自体のパワーよりも重要なのが、モニターの大きさです。

プログラムコードを書くときには他のコードを見ながら書いたりするのでモニターが大きいとかなり捗ります。

設計書や参考資料も同時に開こうと思うとモニターが小さいノートパソコンでは頭を整理しきれません。

 

ただし、それは初級のプログラマーの話です。

慣れてくるとある程度頭の中で整理出来るようになるのでノートパソコンのモニターでも充分作業できます。

外出が多いならノートパソコン

プログラマーと言っても、客先常駐型と在宅型があります。

客先常駐の場合はそもそもお客様がパソコンを用意してくれるのでそれを使えばいいです。

 

在宅型の場合は、お客様の会社に行って打ち合わせをすることも出てきます。

そのときはノートパソコンを持っていって、画面を見せながらプレゼンしたり出来ると打ち合わせもスムーズに進みます。

もちろん無くても打ち合わせは出来ますし、紙で出して持って行ってもよいですが、パソコンがあればその場で疑問点を調べることも出来て便利だと思います。

まとめ

僕の場合ですが、カフェなどでノマドワーカーをやってみたい思いや、世界を旅しながら仕事したいという目標もあったためノートで無いとダメでした。

でもいつも家で作業をするというのならデスクトップのほうがいいかもしれません。

いずれにしても、これからプログラムを勉強するならば大きいモニターは買っておいたほうが何かと便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA