物価の安いマケドニアのスコピエとオフリドでヨーロッパのアートな町並みと料理を満喫

マケドニアという国はどういう国かイメージがまったく無い状態で入国しましたが、なんだかソフィアより寂しい感じがします。

オフリドという街のオフリド湖は世界最古の湖で世界遺産にも登録されているそうです。

先入観も無く、聞いたこともない国(笑)

面白いものが無いか探しに行ってみます。

 

マケドニアの通過はディナールで、この時のレートが1ディナール2.3円くらいでした。

スコピエはとにかくアートな町並み

午前4:30にスコピエ到着しました。

5時間半かかるって聞いてたのに1時間早く着いたなと思ったらまた時差の関係で通常でした。

バスステーションを出て調べていた宿に向かうが、調べていた場所にホステルが無い!!なんで?

ゆうちゃんと一緒にさまよって7時ごろにようやく見つけました。

 

ベルを鳴らすとおじさんが出てきた。

おじさん「チェックインまでまだまだだよ。6時間もあるよ。」

もう疲れて動けないので、共有スペースで待ってていいですか?

 

最初はめんどくさそうにしてたおじさんだけど、一緒にいるゆうちゃんを見たら突然優しくなりました。

女には優しいとこもなんだかヨーロッパっぽいです。

 

ベッドを用意してくれてここで寝ろと。

シャワーはチェックインの後で!

怒り口調でしたがもはや神です。

遠慮無く爆睡しました。

 

起きてから街を散策。

石橋を中心に街が広がっているようなことを宿のおじさんが言ってたからとりあえずそこまで行ってみます。

これがその石橋かな。

中央広場っぽいとこに行くと像だらけ!

めっちゃアートな街です。

でかい工事してるのが残念やけど、それでもスコピエまじでいいとこやん。

 

橋の向こうが旧市街のようなので行ってみると、そこにはオシャレに広がる街並み。

なんか買い物したい!

安いiPhoneケースを1個購入。130ディナール(約300円)。

近くに城壁が見えた。大好物の遺跡かな?笑

なんとこの城跡無料で入れるとか!

景色もめっちゃいいです。

旧市街の街並みを堪能しているとアザーンが聞こえてきた。

ここにはまだモスクがあります。

トルコぶりのモスク。

モスクって必ず足を洗うとこがあるな。

アートは正直あまり分からないですが、さすがヨーロッパ!って感じはします。

マケドニアはとにかくアートだらけなので、これからヨーロッパなのにもうアート満足です(笑)

何これ?これもアート??笑

激安でハイクオリティな料理

街を散策中にお腹が空いたからケバブを食べました。

なんかヨーロッパに興奮してゆうちゃんに奢ってあげた(笑)

でも2人でドリンク着きで200ディナール(約500円)程度でした。

安いけど味はめちゃくちゃ美味しいです。

 

とにかくマケドニアは物価が安いです。

ディナーはちょっと贅沢してこようと思い、宿でおすすめしているレストランに行きました。

が、あまり人が入っていなく、隣の店のほうが賑やかだったので隣に入りました。

 

メニュー見ても全然分かりません。

お勧めを聞けそうな英語をなんとなく並べると、チキンのステーキのワインソースがいいよと教えてくれましたので、それと赤ワインを頼みました。

財布には1500ディナールくらいある。たぶん足りるだろう。

出てきた肉!うますぎるわ!!

ワインの香りがするマッシュルームの入ったホワイトソースは肉との相性が抜群です。

口に広がるジューシーな肉のうまみ。

少し油がきついがそれを味わいに変えてくれる絶妙な赤ワインの風味。

パンは無料でおかわり自由でした。

腹もいっぱいで金額を聞くと340ディナール(約800円)。

安過ぎてチップ渡してきました。

スコピエからオフリドまでのバス移動

ゆうちゃんとはスコピエでサヨナラです。

一人でオフリドへ向かいます。

バスステーションでチケットを購入。500ディナール(約1200円)。

バスはわずか3時間でオフリドに着きました。

最古の湖オフリド湖散策

バスを降りるとジャポン!と呼ぶおばさんがいた。

「うちの宿に来な!」

強引やけど今は一人旅。

この流れに身を任せるのも面白そうだと思い向かいました。

値段は6ユーロでめっちゃ安いです。

 

着いてみると10畳はありそうな広いシングルルーム。

え?これで6ユーロ?笑

このおばちゃんの家の1室です。

 

荷物を置いておばさんの楽しそうに説明するガイドを聞きました。

僕も英語わかんないけどおばさんのもだいぶカタコトやと思った。

勉強して1年らしい。

次の街アルバニアのティラナまでの情報も頂けて、おばさんガイドはかなり役に立ちました。

 

せっかく色々教わったけど、てきとうに海のほうへ歩いた。右に行くのもよし、左に行くのもよし。

旅に正解なんてない。人生と同じやな。

女の子のおしりをおっかけてしばらく歩くと海が見えた。

太陽の光が反射してめっちゃきれい。

ふと右をみるとオフリドの旧市街の街並みが見えます。

 

これが世界最古の湖か。

天気悪いのが残念です。

旧市街のほうへ歩いてみた。

 

旧市街のてっぺんには城跡がありました。

 

入場料は30ディナール(約70円)。

城壁を登り展望台についた。

街が一望出来る。

ボーっと遠くを眺めた。

日本は見えない。

ずいぶん遠くまできたな。

時差8時間か。

もう日本のみんなも俺のこと忘れたころかな。

それにしてもなんてきれいな景色なんだろう。

次はヨーロッパ最貧国のアルバニアに行きます

アルバニア行きのバスはストルガという隣街から9:30と12:30の2本しか無いそうです。(宿のおばさん情報)

明るいうちに着きたいので9:30に間に合うように宿を出ました。

ローカルバスを降りてバスステーションを探すが見当たりません。

人に聞きまくりながらなんとか8:30には着きました。

チケットを購入し、残り少ないディナールでジュースを飲む。

 

携帯で日記を書いてるとスコピエで出会った韓国人と再開しました!

更にトルコのカッパドキアで出会った酒井くんとも再開!

神様は僕を一人にさせたくないのか?

いや、僕が1人を拒んでいるのかもしれない。

バスは15時過ぎにティラナに着いた。

国境なんてあって無いようなくらいスルーでした。

まとめ

幸せってなんだろう。

そんなことを疑問にも思わないときが一番幸せなんだと思う。

チキンステーキ食べてるときの僕はまさしく幸せでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA